super○○sってなに?上質な生地の見分け方

ある程度スーツを購入している方は目にすることもあると思いますがこのsuper表示、実は少し複雑で実際に売っている側の販売員の方もイマイチうまく説明できない方も多かったりします。

super100'sくらいから生地メーカーやスーツ屋でもあえてセールスポイントとして表示させ、130’sくらいから高級素材だと謳っていますね。

単純に数値が高ければ糸が細くて高級な生地になるという認識でおおよそ間違いではないんですが、より明確な知識を今回は解説していこうと思います


細さを表す数値。生地でも糸でもなく、原毛の話

まずこの100とか150という数字は10単位ずつの数値は変わっていくのですが、この表記はウールの原毛にたいしてだけのみ用いられる単位で、どれくらい細いものなのかというと

super100's18.5ミクロンsuper150's
16ミクロン
super110's18ミクロン
super160's15.5ミクロン
super120's17.5ミクロンカシミア14~16ミクロン
super130's17ミクロンビキューナ12ミクロン~
super140's16.5ミクロン人の髪の毛40~70ミクロン

参考までに人の髪の毛の数値も載せましたが、これだけ細い原毛を使っているという目安です。

ちなみによく聞くメリノウールというのはメリノ種と言われる種の羊からとれる原毛の事を言い、一般的に上質なウールはこのメリノウールを使用したものがほとんどです。

さらにオーストリアのタスマニア島の中でも厳選された羊毛を使用したタスマニアメリノウール等が最高級ランクの位置付けになります。

super150'sタスマニアメリノウールを使用したロロピアーナ社のタスマニアンは抜群の光沢感と柔らかさが特徴で世界的にも有名です。

実際に私もよく取り扱いますが、色柄等の種類も豊富でその着心地と高級感から一度着ると、他の生地には戻れなくなるという方もいて、リピーターがすごく多い生地です。

ただしこのsuper〇〇’sと表示のある生地について、どのくらいの割合を占めるかで表記してもよい等の取り決めもなく、例えば出来上がった生地の10%だけsuper120'sの原毛を使用している生地だとしてもsuper120'sと表記することも可能なのです。そこは生地メーカー、販売員を信用するしかありません。

シャツなどでもよく耳にする番手

先ほども少し触れましたが主に原毛を糸にした段階からこの番手という言葉が使われており、詳しくは省きますが様々な過程を経て生地が出来上がっていきます。

糸は、一定な決まった数値で80番手、120番手、上質なシャツなどの生地では200番手というに表記されることになりsuper表示と違い規則的に数値が変わるものでもなく

1㎏あたり何㎞まで伸ばせる糸なのかを表す指数なのです。

例えば80番手というと1㎏あたり80㎞まで伸びる糸を使用していますよということです。

これをsuper表示の数値で表しているものだと勘違いしている方が多いです。

実際に私も今の仕事をするまではこのsuper表示について勘違いしてました。当時詳しく丁寧に教えてくださったテーラーの方に感謝です。


良い生地に共通するもの

高級な生地に共通する要素は、光沢、ドレープ性、柔らかさ、そして復元力です。

この復元力がかなり重要で、本当に良い生地は一日着ても一晩ハンガーにかけておけばある程度の皺は回復します。

だからと言って一般的に高級な生地は毎日アクティブにガシガシ着るスーツを探してる方にはオススメではありません。できればどんな生地でも最低3日は休ませてほしいです

判断するためには実際に触ってみること

判断するための目を養うのであればやはり一番はレディメイドスーツ(既製服)ととして並んでいるものを実際に触ってみることです。

テーラーなどにある生地見本やバンチブックなどでは、出来上がりのイメージがしづらく、重量はその生地ごとの目付量(150cm×1mの重量)が表示されてるので何となくわかると思いますが何よりそドレープ性を感じることができません。

最も一般的な3シーズン用の生地でおよそ250グラムになり、夏用だとより軽く210グラム前後で、冬用だとより重くなり300グラムを超えるものもあります。

前述したタスマニアン等、信頼のある有名な生地で仕立てられたスーツとそうでないスーツを触り比べ、できれば着比べてみることが、良い生地を見極め、選ぶための一番の近道になります。

コメント