ロロピアーナの基本知識と購入ルートによる違い

世界で1,2を争うほどの知名度と実績を誇るテキスタイルメーカーであり、最高品質のアパレル商品を作り続ける一流ブランド。

スーツをある程度購入したこともある方ならこのネームに聞き覚えもあるはず。

皆さんご存知だと思いますがたまに勘違いをしている方もいますので念のためにお伝えしておきます。

ロロピアーナのブティックで購入したスーツ以外は厳密に言うとロロピアーナの生地を使用したスーツです。

縫製などにロロピアーナは全く関係していません。

 

知ってる人も改めて、知らない人はこれを気にLORO PIANAのその魅力を感じていただければと思います。

200年の歴史

北イタリア・トリヴェーロ出身のロロ・ピアーナ家は1800年代初頭にウールの商いを開始。1924年にピエトロ・ロロ・ピアーナが現在のロロ・ピアーナ社を設立します。 1941年にはピエトロの甥、フランコが事業を引き継ぎ、終戦後には高級ウールとカシミヤのサプライヤーとして国内外のオートクチュール業界で確固たる地位を築きました。1970年代、セルジオ・ロロ・ピアーナとピエール・ルイジ・ロロ・ピアーナがそのあとを引き継ぎ、ラグジュアリーグッズへの進出や国際的なリテールネットワークの構築を推進しました。今や、ロロ・ピアーナは世界最高のカシミヤブランドであり、中国北部とモンゴルに生息する子ヤギから刈り取った特別なベビー・カシミヤやアンデスのビキューナ、オーストラリアとニュージーランド原産のエクストラファイン・メリノウール、ミャンマー産のロータス・フラワー・ファイバーをはじめとする極めて貴重な最高級素材を使用しています。ブランドは長きにわたる伝統と最先端のテクノロジーを組み合わせ、目の肥えた顧客に傑出した品質で知られる製品を提供しています。レディ・トゥ・ウェアとアクセサリーからなるコレクションはすべてクラフツマンシップと卓越したサルトリアル技術をもって作られるイタリア製です。

出展https://www.lvmh.co.jp

テキスタイルメーカーとしてのスタートを原点とし、現在は糸の原料となる繊維の生産から糸を作るための紡績、そして生地の提供(ここまでがテキスタイルメーカー)さらにスーツやニットなどの製品化、そして販売までを自社で一貫するSPAという業態をとっています。

近年の大きなニュースだと2013年からはLVMHの傘下となっており繊維業界での大きな話題になっていました。

そしてLVMHの方針によりその大きな影響を受けたのはブティック等での自社商品展開ラインであり、従来も十分高価格帯の商品構成なラグジュアリーブランドという位置づけでしたが、さらに展開商品のクオリティを強化し、より高価格帯の商品の展開になっています。

そこはやはりテキスタイルメーカーとしての実績を持つLORO PIANAであり希少性のあるビキューナやベビーカシミア等を使用したアパレル商品は世界中のセレブ達の御用達であり最高峰の品質です。

テキスタイルメーカーとしてのLORO PIANAは、毎年行われる競売でオーストラリアで取れる羊毛の中でもSuper100's以上の高級原毛の30~40%を買い付けており、キートン、ブリオーニ、アルマーニなど世界でも人気の高級ブランドにも生地を提供するなど、世界も認めるテキスタイルメーカーとしての地位を確立してます。

獣毛をメインとして取り扱う中で、上記のようなビキューナやベビーカシミアなどの高級素材はもちろんコートなどのアウター用として独自で開発されたSTORM SYSTEMやRAIN SYSTEMなど、機能性に優れた商品ラインにも定評があります。

そしてみなさんにも馴染み深いスーツ用の生地としては、LORO PIANAの名前を世界に知らしめたTASMANIANシリーズやFOUR SEASON等が有名です。

 

 

 

購入ルートによる違い

では、そんなLORO PIANAの生地を使用したスーツを購入する方法は大まかに2通り。

 

テーラーや小売店での購入

テーラーや小売店が、卸された生地を使用して作られた既製品、またはオーダーで購入する方法であり、おそらくほとんどの方がこちらに該当するはず。

比較的に安価に仕上げることも可能なので5万円程出せればそれなりの品質の物でも手に入れることは可能であり、既製品であれば有名なセレクトショップなどでも取り扱っていることが多いです。

LORO PIANA程有名なテキスタイルメーカーであればテーラー等ではたくさんの生地の中から選ぶこともできます。

既製品でもオーダーの場合でも、価格帯はおおよそ5万~30万円程であり縫製や仕立て、生地以外にかかる素材などによって同じ生地でも、その仕様によって価格に大きなばらつきがあります。

私が実際に見た例だと、某有名セレクトショップオリジナルブランドでMOVINGを使用したスーツが7万円程で売られているのに対し、それなりの知名度がある国産スーツメーカーでは全く同じ生地が約2倍近くの12万円で売られていました。

前者は中国生産で、接着芯仕上げに対し後者は日本製で総毛芯仕上げ、細部までこだわりの感じるディティールに仕上がってました。

もちろんそのメーカーの仕入れ原価の違いや利益率などを考慮した価格設定の違いはありますが、これ程価格に違いが出るものなのです。

探そうと思えば、LORO PIANAの中でも比較的安価なラインの生地の中でもさらにその残反を卸メーカーから大量に安く仕入れた小売メーカーが展開するスーツだと2万円くらいからでもスーツは手に入れることも可能です。

当然主にアジアなどを原産国として、縫製もそれなりのものになってしまいますが。

私が以前勤めていた百貨店では稀に催事専門の小売メーカーがロロピアーナ生地を使用した既製品を驚く程の低価格で催事会場で展開してるスーツを実際に見たこともありますが、ほとんどはあまり上質な物と言えるような生地を使用してなかったイメージです。

 

LORO PIANAブティックでの購入

百貨店や路面店などにある直営店舗にてスーツを購入する方法ですね。

ブランドが対象とするターゲットは40代以上の主に富裕層がメインになりスーツの価格帯は最低でも20万円以上からの展開になります。もちろんパターンオーダーでの受注も可能です。

縫製などももちろん一流の生産ラインを確保しておりロロピアーナの良さを存分に引き出してくれるでしょう。

ブランドの本質、良さをより実感していただくのであればやはり直営店舗での購入がおすすめです。

もちろんニット製品やコートなどのアパレル商品もそのひとつひとつが厳選された素材を使用した素晴らしい品質のアイテムばかりなので、ぜひ店頭に足を運んでみてその手で実感してみていただきたいです。

 

年齢やその用途に合わせたロロピアーナの選び方がある

例えば、普段から営業周り等が多くアクティブに動くことが多い方には天然素材の良さを残しながらもストレッチ性のあるムービングや

大事な商談等、ここぞというときに着たいと思える一着を探すのであればエレガンツァやタスマニアン等、用途別に選ぶことも可能であり

年齢別に選びたいというのであれば、初めてスーツを着る方や20代の方にもおすすめなニュージーランド産のメリノウールを使用しつつ比較的手の届きやすい価格設定のジランダーやフォーシーズン等

30代40代であればシルク混ウールのエレガンツァやタスマニアウールを使用したタスマニアン等も選択肢に入ってくると思います。そして直営店での購入は最終到達点にするといいでしょう。

ちなみに私が初めて知った生地メーカーもLOROPIANAであり、何の知識も持たず初めて購入したスーツの生地がフォーシーズンを使用したものでした

それをきっかけに調べれば調べるほど奥が深く、そのルーツや世界観を知りながら袖を通すとまた違ったLOROPIANAの楽しみ方ができました。

これを気に皆さんも一度今着ているスーツの生地がどんな素材なのか、どんなブランドなのか調べてみると、スーツとの向き合い方が少し変わってくるかと思います。


コメント