裾はシングル?ダブル?選び方とそのルーツ

スーツを作るとき、必ず聞かれるであろう裾口のデザイン。みなさんはどちらで仕上げてますか?選べるデザインには

折り返しのないシングル

幅を決めて折り返したダブル

あまり聞かないと思いますが上記の2つのデザインに、モーニングカットという仕様も選択できます。実はダブルでもモーニングカットにすることは可能なんです。

今回は裾口のデザインとそのルーツ、ちょっとした豆知識をお伝えしたいと思います。

万能なのはシングル

ビジネスでも冠婚葬祭でも、どんなシーンでも使える万能なデザインです。

リクルートスーツ、冠婚葬祭用のスーツをお考えであればシングル一択です。

ダブルはその折り返してる仕様から、同じことを2度繰り返すという意味合いになるとされ、ライフイベントにはふさわしくないとされています。

ちなみにシングルで仕上げたものからダブルに変更する事もできるんです。

ただし内側に折り返してる生地(ヘムと呼びます)の寸法が通常のダブルに仕上げるために必要な長さ(最低でも通常ダブル幅×3倍)よりも足りない事がほとんどなので、通常よりも少し薄い生地感の仕上げになってしまいます。

見た目は通常のダブルとなんら変わりないですが、触ってみると生地の厚さに違いを感じると思います。


こなれ感を手軽に演出するダブル

そのルーツを辿ると、諸説ありますがよく聞くのはある英国貴族が雨の降る夜、水たまりのある道のりをスラックスの裾を捲り上げて歩行し、それを直し忘れたまま人の集まるパーティに出向いた際にオシャレと勘違いされ広まったという話を1番耳にします。

どんなコーディネートでもマッチしてくれますし手軽にこなれた印象になります。

裾に重みも加わるのでスラックスの皺を回復させてくれるのもメリットの一つです。

個人的には、シングルでなくてはいけない場面に着用するスーツ以外は全てダブルで仕上げても良いんじゃないかと思えるくらいおすすめです!

やはりお洒落な方、スーツを熟知してる方は必ずと言っていいほどダブルにしてる印象ですね。

ダブルの幅は現在クラシック回帰の傾向があるので4cmが定番化しており、3.5cmにする方は以前よりも明らかに少なく感じます。

そこから更にレトロでクラシックな印象にするのであれば4.5cm、5cmもおすすめです。

たまに質問される事ですが、

裾口ダブルのデザインが合う生地と合わない生地があるのか?

これは正直そんなに気にする部分でもないと思います。4.5cm以上はやはり生地によって印象が変わってくるのでよりクラシックな生地を選ぶ方が良いと思います。

4cmまでは生地との兼ね合いで印象が変わる事はないと思います。ダブル4cmにしておけば間違いありません!

そして冒頭で触れたダブルのモーニングカット。私も実はその存在を知ったのは割と最近で、たまたま某有名ファッションディレクターの方にお会いする機会があった際に教えていただきました。

そもそもモーニングカットとは?
パンツの前裾を1cm~1.5cm程削ることで前裾が甲に被らずクリースラインをすっきり見せるための技法の事で、後ろから見ると踵も半分隠れるほどで、前から見ると甲にたるみもなく非常に上品なルックスになるのが特徴です。

通常シングルでこのモーニングカットにすることが一般的です。

ただしこのダブルのモーニングカット、構造はそんなに難しくもなさそうですがあまり浸透してるデザインともいえないのでもしかするとそのブランドや修理業者によっては、断られる可能性もあるかも知れませんので注意が必要です。

共通で注意してほしいポイント

ノータックスラックスの採寸

ノータックのスラックスの場合裾口にかけてテーパードされているものがほとんどです。(画像はツータックです。)

その中でも裾幅がかなり細めに作られているものに関しては、いつもワンクッション(素足で床から1.5センチ以内)で仕上げる方などは、裾口が狭くなることでシューズの甲に裾が被ることでたるみが出てしまい、みすぼらしい見た目になってしまうので注意が必要です。

一度シューズを履いて確認することをオススメします。

スタイリッシュに見えてどんな場面にも対応できるのはノークッション(床から3.5センチくらい)です。

直立の状態で靴下が見えず甲にかからないくらいの長さになるのでなるので、重力が遮られる事なくスラックスの裾まで伝わるため皺が入りづらくなるのもメリットの1つです。

つまり、一番スラックスに負担をかけずに履く方法は

ノークッション+ダブルです。

採寸する際の注意点

たまに、「いつも股下は〇センチだよ」と指定される方もいますが、同じブランドであればともかく、スラックスはブランドやデザインによって股上の長さに違いがあり、どのお店でも同じ寸法で仕上げると失敗する可能性があるので毎回しっかりと試着して採寸してもらう事をオススメします。

その際は、しっかりとベルトを締め、スラックスを上げすぎずできる限りいつも履いてる感覚を意識しましょう。

もしどうしても試着が困難で、新規のお店で購入を考えているのであれば、スラックスの総丈(股上+股下)を自身で把握しておくほうが、股下の指定をして購入するよりは失敗することも減ります。

出来上がり後もし再度修理が必要になった場合、ダブル仕上げに関しては、股下を短くするために詰めることは可能ですが、逆に長さが足りずに出す事は難しく、せいぜい1cmから1.5cm程しか出ませんので、注意が必要です。

正しい採寸方法とデザインの特徴を知り、ワンランク上の着こなしを楽しみましょう!

コメント