007ゴールドフィンガーとスーツ

photo credit: johanoomen GO-36-F001 via photopin (license)

今回は007ゴールドフィンガーのスーツスタイルについて解説していきたいと思います。

50年以上も前の映画ではありますが、近年のクラシック回帰の傾向もあり着こなしの参考になる部分もあるかと思います。

時代を越えて愛される名作

まずは簡単な解説を。

まずショーンコネリー演じるボンドシリーズは名作が多いと言われており、ゴールドフィンガーもその一つです。

古い作品なので、現代の視点で見ると色々とツッコミどころも見つけてしまうのですが、それはそれでクスッとさせてくれるので充分楽しめるかと思います。

それと同時に博識であり、女好きであり、そしてエレガンスな英国紳士であるジェームズボンドを色濃く感じられる作品です。

ダニエルクレイグ演じるボンドをご存知の方は、50年も前から既に確立されていた007シリーズの世界観とジェームズボンドの人間像に驚くかもしれませんね。

綺麗なボンドガール達が次々と

本作では3人のボンドガールが登場します。

序盤で登場するジルマスターソンはあっさりとホテルに侵入を許したオットジョブに全身金箔塗りにされ、その復習に燃える美人妹もオッドジョブの明らかに拳銃よりも不便な、鉄を仕込んだハットであっさりとやられてしまいます。

ジルマスターソンが全身に金箔を塗られ横たわっている姿が映し出されたシーンはあまりにも有名です。

ただしこの全身金箔シーン、その後の物語には一切関連していません。

それが逆にすごく不気味でミステリアスな演出となっています。

改めて見るとつっこみどころ満載

お決まりのガンバレルのオープニングから始まるシークエンスでは、ボンドが敵地に潜入する際、手元からワイヤーを飛ばして壁をよじ登ろうとするのですが、明らかにボンドの手元からは飛んでいないように見えるロープ。

冒頭からやらかしてくれます。

前述したようにオッドジョブがホテルに侵入していることに全く気づかないボンドとマスターソン。

そして、そのホテルで一度会っているのにも関わらず、何食わぬ顔で能天気にボンドとゴールドフィンガーにゴルフをさせているオッドジョブ。

挙げるときりがないですがこの他にもつっこみどころがいくつか見つかります。

そういった部分も古い作品ならではの楽しみなのかなとも思います。

ちなみにこのオッドジョブ、ボンドシリーズにおける悪役の中では印象に残っている方も多いのでは。

終盤では武器となる帽子を駆使したボンドとの白熱のアクションシーンが繰り広げられます。

秘密兵器とボンドカー

今作がスカイフォール、スペクターなどでも活躍したアストンマーチンDB5の初登場となります。

発信機の受信機能やマシンガン、緊急離脱可能なシート等多彩な機能を搭載しているボンドカーの元祖となります。

秘密兵器は靴の踵に入るほどの小型発信機。

クロケット&ジョーンズのヒールリフトがパカっとスライドします。

ボンドスーツ解説

それでは今作のボンドスーツについて解説していきたいと思います。

今作は3ピーススーツやフランネル素材を使用したスーツ等、英国らしさも感じられるスーツが多数登場します。

①ブラウンハウンドトゥーススーツ

  1. ブラウンハウンドトゥーススーツ
  2. ブラウンタイ
  3. ベージュニットベスト
  4. ホワイトセミワイドカラーシャツ

ボンドの着こなすスーツの中では珍しいカラーチョイスとなってます。

ブラウン系のアイテムをあえて異素材のベストで組み合わせることでカントリーな要素をより強く感じられるコーディネートです。

②ネイビーフランネルスーツ

Qの研究所で着ていたものです。

  1. ネイビーフランネルスーツ
  2. ネイビーニットタイ 
  3. ホワイトセミワイドカラーシャツ

ネイビー×ネイビーの定番とも言える組み合わせで、どちらも無地なので一見物足りなさも感じるかもしれませんが、温かみのあるフランネル素材のスーツとニットタイという異なった表情のアイテムの組み合わせが洗練された印象になります。

今や世のビジネスマンの着るスーツのほとんどが3シーズン用の生地であり、1年中ほぼ同じ厚さの生地のスーツを着用している方がほとんどです。

違いといえば春夏用はは背抜きで秋冬用は総裏にする程度。

夏は涼しげなトロピカル素材、冬は温かみのあるサキソニーやフランネル等、4つの季節ごとの着こなしにバリエーションを持たせる事ができる方には、大人の余裕や品格を感じられます。

③ライトグレーグレンチェックスリーピーススーツ

https://bamfstyle.com

ゴールドフィンガーの元へ出向いた際のスーツ

  1. ライトグレーグレンチェックスーツ
  2. ネイビーニットタイ
  3. ホワイトセミワイドカラーシャツ

シャツとタイはおそらく前述のネイビーフランネルスーツと同じものを使用しています。

グレンチェック柄、襟付きのベストやインタックのスラックス等、クラシカルな要素を余す事なく取り入れたデザインになります。

注目すべきは、ボンドが着ているこのライトグレー×グレンチェック。

ライトグレーはどちらかといえばはっきりとした、華やかな顔立ちに似合う色であり、薄い顔立ちが多い日本人には中々似合いにくい色とも言えます。

似合う人を選ぶライトグレーを選ぼうと考えている方は必ず一度試着してみることをオススメします。

余談ですが、自分に似合う色や似合わない色があること自体あまり考えたことか無い方が多いと思います。

実はほとんどの方は意識せずとも感覚で自分に似合う色を選んでいるとも言われています。

自分にはセンスがないと思っている方もいらっしゃるかと思いますが、カラーコーディネートに関してはそこまで考えすぎる必要もないんです。

④チャコールグレースリーピーススーツ

  1. チャコールグレーフランネルスーツ
  2. ホワイトセミワイドカラーシャツ
  3. ブラックタイ

こちらはチャコールグレースーツにブラックタイを合わせ、全体をモノトーンで統一したコーディネートです。

スリーピースにする事でよりドレッシーで上品な印象になっています。

ブラックタイは喪服に使用されるイメージが強く根付いてるのでビジネススーツに使用するのを躊躇しがちですが、写真のようにチャコールグレーのスーツ等に合わせると逆に上品で華やかな印象さえ生まれます。

ネクタイの柄は完全な無地ではなく織り柄や多少デザイン性のあるものをチョイスするのが喪服感を払拭するコツです。

当時は日本でも大ブレイク

007ゴールドフィンガーのスーツスタイルを解説してみました。

トレンドはサイクルするものであり、50年以上も前の着こなしでも、今現在充分に取り入れる事が可能です。

公開された1965年当時はこの映画が日本中で大ブレイクし、雑誌等でも「ボンドルック」なる特集が組まれ、このゴールドフィンガーにおけるボンドスーツを模したデザインスーツが販売されていたそうです。

ショーンコネリー演じる007シリーズのスーツについては他の記事でも取り上げてますのでぜひご覧になってみてください。

コメント